オナクラ(オナニークラブ)

オナクラ(オナニークラブ)

オナニーは一人で楽しむものから、より充実したオナニーが楽しめるというサービスを売りにして、女の子がオナニーの手伝いをしてくれるサービスがオナクラ(オナニークラブ)です。

オナクラで楽しめるのは、オナニーしている姿を女の子に見てもらうというプレイで、最初は何がいいのかわからないくて混乱する人も多いかもしれません。しかし、その趣味がなくても、やってみるとこれが想像以上に興奮したりする。その最大の理由は、オナクラなら他の風俗ではお目にかかれないようなピュアな女の子に出会えるということにあります。オナクラでは、男性にエッチなサービスをしないで済む高収入を得られる仕事という点で風俗経験のないピュアで可愛い子がいることが多いのが特徴です。

女の子としては男性がオナニーしているところを見て、少しお話をする程度でいいいし、おちんちんに触るどころか服を脱ぐ必要さえありません。あっても、オプションでパンチラを要求される程度なので、経験のない子の応募者が増えた結果、他の風俗とは違うタイプの女の子が増えていったというワケです。最近は、よりサービスが広がった結果、女の子が手コキで直接イカせてくれるコースが人気になっています。当然、料金も手コキの方が高くなりますが、せいぜい1000円~2000円程度。他にもさまざまなオプションが用意されているのも特徴の一つ。コスプレやパンチラ、ブラチラ、手つなぎ、脱衣、エロ小説の朗読、浮語、精子の手受け、言葉責め、おっぱいタッチ、足コキといった軽めのものから、フェラやオナニーの相互鑑賞なんてものまであり、細かいニーズに対応しています。

一人でオナニーを楽しみたい人は個室ビデオボックスが最適!

個室ビデオボックスです。ビデオテープ全盛の頃から街中でAV鑑賞できる個室を提供してきたこのお店は個室ビデオとも呼ばれ、長きにわたって根強い人気を誇っています。サービス内容は、一言で言えばAVを見てオナニーができる漫画喫茶です。

お店に入ると、まずはレンタルビデオ店の要領で鑑賞したいDVDをチョイスします。この時、一度に借りられるのは5~6枚程度です。

そして選んだDVDを持って、カウンターで受付。ビデオボックスは一般的な漫画喫茶と同じように、リクライニングシートでくつろげる部屋、ソファーベッドが備え付けられた部屋など、さまざまなタイプの個室が用意されているので、希望の部屋のタイプと利用時間を伝えて料金を先払いします。店によっては券売機でチケットを購入して人に会わないで済む店舗もあるので、詳細を知りたい人はHPなどでチェクしておきましょう。ちなみに料金は1時間あたり500円~600円程度で、長時間の利用でかなり割安になるパック料金もあるので積極的に活用しましょう。

受付を済ませたら、DVDを持って個室に入ります。各個室の大きさは1.5畳から2畳程度で、テレビとDVDプレイヤー、ティッシュ、ゴミ箱、選んだ部屋のタイプによってはパソコンなどが設置されております。

最近はどこも小ぎれで人気店の個室は漫画喫茶など比べものにならないくらいに立派で高級漫画喫茶と言っても過言ありません。完全防音タイプの店も増えてきており、その場合はヘッドホンを着用する必要もありません。さらに近頃ではVRを見れる店も増えているので、興味がある人はとりあえずビデオボックスで試してみるのもアリ。

ちなみにドリンクは漫画喫茶のようなフリードリンク制のところがほとんど。最初に選んだDVD以外のAVが観たくなったら選び直すこともできて、オナホールなどのアダルトグッズを購入することもできます。もちろんシャワー室も使えるので、終電を逃した時などに簡易宿泊所として利用するのもいいでしょう。オナニーを楽しんだ後はレンタルしたDVDを受付で返却。時間をオーバーしていた場合は、この時に追加料金を払う仕組みになっています。

また、ビデオボックスのなかには女の子が手コキしてくれる店もありますが、無認可であるケースが多いようです。それだけに、違法風俗店と見なされないよう、女性の入店自体を禁止している店も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*