風俗業界のジャンル

マッサージで元気になった身体に抜きサービスを追加

エステを受けていて勃起してしまった経験のある人は多いハズ。勃起するところに風俗有りということで、90年代に風俗の新たな潮流として出てきたのがアジアンエステ。マッサージと手コキの抜きサービスの融合が大ブレイクして風俗業界の市民権を得ることになります。抜くことだけが目的ではなく、マッサージにも重点を置いたサービスは、特に中高年を中心とした男性に大好評で、中国エステ、台湾エステなど、アジア各国のエステを巻き込み、全国にエステブームが広がっていきました。

働く女の子が外国人で賃金が安いということもあり、様々な種類のエステが乱立するようになりました。競争が激しさを増し価格競争が起こったことにより、他の風俗に比べてエステは割安感のあるサービスとなります。密かに本番を行なうようになり次第にアジアンエステの裏化が進行していったのです。繁華街や通りの暗がりで、中国人のお姉さんに「オニイサン、マッサージドウ?サイゴマデデキルヨ」と声をかけられた経験がある人も多いのではないでしょうか?

エステの種類

メンズエステ

エステ本来のリラクゼーションを重視したエステ。古代中国から伝来した回春エステは、精力増強のツボやリンパを刺激して、男性器の機能増強と精力回復を目的としたマッサージが施されます。

アロマエステ

様々な植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)の香りの効果で、心や身体のバランスを整え生殖機能を高める効果があると言われています。

洗体エステ

水着姿の若い女の子が客の身体を泡まみれにして洗うようにマッサージ。身体を密着させてソープの泡踊りのように身体を擦りつけるボディ洗いなどエロチックなサービスが特徴です。

風俗系の店では、これらのサービスに女の子の手による抜きが加わります。

風俗エステの料金は、プレイ時間とサービス内容によって異なりますが、60分1万円くらいが目安です。ハードなプレイを取り入れた店もマッサージ中心のソフト系の店も、店舗型からデリバーリー型へと移行しているため、自宅でない限りホテル代が別途加わる事になります。

風俗エステの遊び方は、繁華街、飲食街、ビジネス街など様々な場所でエステの看板を見ると思いますが、店舗型の場合、看板だけで風俗店かどうかを見極めるのが極めて難しいケースがあります。客引きではボッタクリなどの被害が及ぶ場合もあるのでインターネットの風俗サイトで検索するのがいいでしょう。

出張型の風俗エステに関しての情報は一部を除きほぼネットのみとなります。遊ぶ場所、プレイ内容、料金システム、特典サービスなどを確認してお店が見つかったら直接店に電話で連絡します。電話では、プレイ可能なホテルを確認してチェックインします。どのホテルがいいか分からない場合は直接お店に聞いてみましょう。希望するプレイの時間、場所、コース、指名の有無などを伝えます。部屋に入ったら店に電話してホテルの部屋番号を伝えると女の子が部屋に来て挨拶をします。女の子はお店に電話してお客様とお会いしましたと伝えることでプレイ時間が開始となります。女の子に前金で料金を支払った後、予約したコースの流れでプレイが進められますので身を任せていれば大丈夫です。

大まかには、女の子の膝枕で顔のマッサージ。客は全裸になり女の子による本格的なマッサージの始まりです。オイルやパウダーを使ったりして、手で揉むだけでなく体を密着させて全身の凝りをほぐしてくれます。お尻や睾丸周辺の入念な刺激や前立腺マッサージで最高の勃起感を味わえるはずです。最後は女の子が手でしっかりと抜いてくれます。(女の子へのタッチやフルヌードなど、店によってはオプションとして別料金がかかる事もあるので事前に確認をして下さい。最後は、バスルームで女の子が身体を洗ってくれます。